平成20年12月3日

秩父特別地域気象観測所 最高気温17.5℃ 最低気温-0.3℃ 快晴

カウンター

その6
秩父歌舞伎


秩父神社境内では屋台から作られた張り出し舞台で「秩父歌舞伎」が上演されました。
白浪物で有名な河竹黙阿弥作「三人吉三巴白浪 大川端出会乃場」が行われました。
歌舞伎の知識がなかったものですから肝心な場面を見逃してしまい残念でした。
最も秩父夜祭りで歌舞伎が上演されているとは全く知りませんでしたが。

秩父・最上・西国・坂東札所巡りのtoppageへ
秩父歌舞伎上演に当り宮地屋台代表の挨拶 三人吉三巴白浪 大川端出会乃場 いよいよ上演です
坪内逍遙に「江戸歌舞伎の大問屋」といわれ、白浪物(盗賊を扱った歌舞伎狂言)に抜群の才筆をみせた河竹黙阿弥45歳の会心作 
             初演は安政七年(1860)で、庚申の歳でした。             
庚申の宵に懐妊した子は盗癖があるという俗説にちなんで、「八百屋お七」の趣向により、「吉三」と名乗る三人の盗賊を活躍させた白浪物。
「三人吉三巴白浪」で最も有名なのが大川端で、三人の吉三が義兄弟の誓いの盃をかわす場面
秩父神社境内を埋め尽くす人人人でした。
秩父夜祭りtoppageへ